ニキビ治療薬として賞賛の声も高いディフェリンゲル!日本で取り扱われる様になってからまだ10年余りと比較的新しいタイプの塗り薬ですが、

 

海外では昔から使用されてきた実績のある薬で、皮膚科でもディフィリンゲルは処方されています。特にニキビの治療薬として有効とされており、小じわやしみの改善にも期待できます。

 

よって、美意識の高い方の中では、ディフェリンゲルを使用して小じわ改善は出来ないか?と考えている方もおられる様です。

 

ディフェリンゲルは皮膚科で数百円で手に入る為、それで嫌な小じわが消えるのであればお安いものですが、ディフェリンゲルは効果的な薬であるが故に副作用も出やすくなっています。

 

では、副作用の強いディフェリンゲルを使用してどのように小じわを改善していくのかを紹介していきます。

 

ディフェリンゲルの効果!小じわは改善する?

 ディフェリンゲルの口コミや効果!小じわを改善?

ディフェリンゲルはニキビ治療の画期的な薬として処方されており、その効果は高く、12週使い続けた頃にはニキビの数が50%近く減るとも言われています。

 

そのメカニズムは、ディフェリンゲルに含まれる成分のニキビの主な原因である毛穴の詰まりを解消してくれる効果、ピーリング作用でターンオーバーを促進してくれる効果が得られることによりニキビの予防につながります。

 

ディフィリンゲルは小じわにも効果的とされている理由として、ピーリングの働きが肌のターンオーバーを促進して古い角質を剥がす役割を果たしているからと考えられます。

 

小じわ改善には肌に蓄積された古い傷ついた細胞を排出して、新しい細胞に変えることが重要な為、ディフェリンゲルはをその工程をスムーズに行ってくれます。

 

ディフェリンゲルの副作用の危険性とは

ですが、一概にディフェリンゲルが小じわに効果的とは言えないところもあります。というのも、ディフェリンゲルは作用が強く、使用した人の80%は副作用を経験すると言われています。

 

その副作用というのは赤みや乾燥、肌がヒリヒリしたり痒い、皮膚がはける等が挙げられます。小じわを改善する作用もあるディフェリンゲルですが、実は角質を薄くしてしまう作用もあり、肌が非常に乾燥しやすい状態になります。

 

皮膚を外部の刺激から守る役割を担う角質が薄くなってしまうことにより、肌のバリア機能が弱まって刺激にも敏感になる為、上記の様な副作用が幾つか同時に引き起こされることが多いです。

 

そして、失われた角質はすぐには元に戻らない為、副作用が続くのも長く、およそ1か月程度は副作用が続きます。辛い副作用ですが、ニキビへの効果は高く、副作用を乗り越えると同時に肌の状態も収まり、徐々にニキビが改善されます。

 

小じわ治療で使用する場合は医師の相談が必須!

ですが、小じわに対してはと言うと、乾燥、痒みによる搔きむしり等は小じわには厳禁!小じわを改善するどころか悪化させてしまうことに繋がります。

 

実際に、ニキビ治療として使用していたら小じわが増えてしまったなんて報告も聞かれます。よってとても取扱いが難しく、ニキビ治療を目的として使用されるものですので、小じわに改善に対して使用するのであれば非常に注意が必要です。

 

小じわ改善の効果が見込めるからといってニキビ治療で使用していた薬を小じわに自己判断で使用したり、個人輸入で薬を手に入れて医者に相談せずに使用するというのは本当に危険です。

 

もし小じわ治療で使用して見たいというのであれば、必ず医師に相談した上薬を処方して貰い、医師の指示に従い、肌の状態を見ながら使用する様にしましょう。

 

ディフェリンゲルの口コミや評判!

 ディフェリンゲルの口コミや効果!小じわを改善?

副作用が酷く、最初はストレスに/20代女性

処方された際に、副作用が強いとは聞いていましたが、正直ここまでとは思っていませんでした。

塗り始めてすぐから肌がヒリヒリとするのを感じ、次第に皮膚がめくれたり、乾燥して常に皮膚が赤みを帯びており、ニキビと合わさってとても酷い状態に。

ニキビを治す為とは言え、顔の不快感や醜さがとてもストレスでした。

その状態が1か月程続いた頃から徐々に肌の状態が良くなり始め、赤み等も治まりニキビも少しずつ減って行きました。確実にニキビへは効果がありますが、副作用の間がとても大変です。

 

小じわが増えて老けて見られる様に/30代女性

大人ニキビが酷く、皮膚科で診察して貰ったところ処方されたのがディフェリンゲルでした。副作用がきつく、肌はカサカサでまるで砂漠の様に乾燥してしまい、保護としてワセリンを塗ったりしていましたが、中々治まりません。

乾燥から来る痒みで、夜は眠っている際に無意識に掻きむしってしまい、朝起きると枕に血が付いているなんてことも何度もありました。

なんとか副作用を乗り越え、肌が薬に慣れて来たなと思い始めた頃には、乾燥が気になっていた部分に小じわが目立ち始め、薬を塗り始めた時に比べると明らかに小じわが増えていました。

小じわが増えたことで顔の印象も何だか疲れて見え、老けて見られる様に。こんなことになるのであれば使用を控えれば良かったと後悔しています。

 

慣れるまで苦労しましたが、ニキビだけでなく、ニキビ跡も綺麗に!/20代女性

使用を始めてから10日も経たないうちに顔全体が赤く、痒みも出て大変なことに。乾燥で毎日かなりの保湿をしないとメイクもままならず、本当に効いているのだろうか?と不安な日々を過ごしていました。

あまりにも心配だった為、皮膚科にかかると、問題無いとのことで辛抱して使い続け、使い続けていくうちに次第に副作用は気にならなくなりました。

3か月程使用を続けたところ、あれほど目立っていたニキビやニキビ跡が改善され、ツルンとした綺麗な肌に!今では自信を持って外を歩ける様になりました。

 

10年以上悩まされたニキビとさよなら出来た/30代男性

中学生に上がる頃から徐々にニキビに悩まされ始め、しかしニキビくらいでと医師にもかからず、市販の薬などでその都度対応していましたが、仕事で接客業をする様になり顔のニキビ跡等も気になり始めた為治療を受けることを決めました。

酷いところでは化膿してしまっている部分もあり、最初は薬を塗るのもヒリヒリして、薬自体の副作用もあり、それ程酷くは無いものの、顔全体の赤みや口元の乾燥が気になりました。

しかし、2-3か月経った頃から周りにもニキビが良くなって来たねと言われる様になり、化膿していた部分でさえ落ち着き、ザラザラとした感じはまだ残っているものの、目立たなくなって来ました。

長年のコンプレックスから解消され、人と接するのも楽しく感じられる様になりました。

 

まとめ

小じわに効果があると言われているものの、やはりニキビ治療として多く使用されている薬であることや副作用が強いことを考えると、小じわ改善の為には使用を控えた方が良いかと思います。小じわ改善の為にはスキンケアの見直しと生活習慣の改善が大切です。

 

保湿をしっかり行うことや、肌に足りないコラーゲン等のハリ成分をしっかり補うこと、表情じわが付かない様にクセに気を付けたり、小じわを誘発したり悪化させる紫外線予防を徹底する等、自分でも出来ることは沢山あります。

 

また、自力でのケアでは改善が難しく感じた際には、今では美容医療の技術も進歩しており、比較的安価で治療を受けることも可能になって来ています。リスクの大きいディフェリンゲルを使用するより、安全性で効果の確かな方法を選択されることをお勧めします。

 

以下は関連記事となります。