美容マニアならもう知っているはず!最近ではセレブや芸能人をはじめオイル美容法が流行っていますが、その中でも効果が高いことで注目されているのがヒマシ油です。

 

私たちの日常生活ではあまり聞きなれない種類ですが、実は昔から医療で使用されていた実績のあるオイルで、美肌効果はさることながらデトックスやドライアイにまで効果的という何にでも使えちゃう万能なオイルです。

 

中でもひと際注目したいのが小じわについての効果!日本でヒマシ油の美容法と言えばシミや小じわ改善を目的とするものが多く出回っています。

 

そちらについての使い方や効果についてや、ヒマシ油を使用する際に気を付けなければならないことなどもしっかりご紹介します!世界中の美容マニアがこぞって使うというとっても美容効果の高いヒマシ油!正しく使って綺麗になりましょう!

 

ヒマシ油とは

 ヒマシ油は小じわに効く?

そもそもヒマシ油とは何?と思った人も多いかと思います。ヒマシ油はトウゴマの種から取れるオイルのことを指します。

 

こちらのオイルは他のオイルとは違った成分構成をしていて、リシノール酸と言う他のオイルにはほとんど含まれない特徴的な成分を持っています。

 

このリシノール酸が豊富に配合されているおかげで抗炎症作用等の効果が得られる為、ヒマシ油は古来エジプトの時代から治療法の1つとして用いられて来ました。

 

はたまた工業用のオイルとして使用されていたこともあり、美容にも使えるといった風に実に用途が豊富なオイルです。

 

ヒマシ油の使い方

 ヒマシ油は小じわに効く?

日本ではヒマシ油の美容法が話題になるまでは医療の現場で下剤として使用されていました。また、海外では非常にポピュラーな方法がケイシー療法と言ってヒマシ油やオリーブオイル等を使用した湿布をお腹に貼ることで体の中に溜まった老廃物の排出を促したり、リンパの流れを良くして免疫力の向上を図るというものです。

 

お腹に貼るという行為だけで上記の効果の他にも代謝をアップさせたり、アレルギー等の体質を改善出来る効果もあるそうです。

 

こういった湿布療法以外にも、美容目的として肌や髪、爪に塗布したり、頭皮やボディーのオイルマッサージに使用したり、はたまた点眼の際に利用したりと最近では多くの使用法が紹介されています。

 

ヒマシ油は小じわに効く?

 ヒマシ油は小じわに効く?

ここが一番気になるところ!女性の中でも小じわに悩まされているという人は少なくありません。数々の小じわケアが紹介されていますが、小じわは皮膚に刻まれているのでその改善は容易なものではありません。

 

幾つものケアを試したけれど、効果をしっかりと感じられたものは無かったなんて人も多いです。そういった人にも是非一度試して頂きたいのがヒマシ油の小じわ取りです。

 

ヒマシ油の効能には、リンパの流れを良くして血行を改善し、代謝を高めてくれる作用があります。これは肌にも良い効果があり、肌のターンオーバーを促進してくれます。

 

よって古い細胞をどんどん追い出してくれるので、小じわ改善にも大きく貢献してくれます。また、高い保湿作用があり、皮膚の奥まで浸透して肌の水分維持をサポートしてくれる作用もあります。

 

ヒマシ油の保湿効果で小じわを改善!?

小じわ改善には細胞の生まれ変わりと保湿がとても重要な為、ヒマシ油を塗布したり、塗布した後にマッサージをして血行を促すことで徐々に小じわ改善が図れます。

 

特に小じわの中でも気になるのが目元ですが、ヒマシ油は点眼やまつげのケアとしても使用されることがある程なので万が一目に入ってしまっても大丈夫な安全性の高いものなのでそういった意味でも安心して使えます。

 

ヒマシ油を使用した小じわ改善の方法は多く紹介されていますが、一例としてヒマシ油を使用したパックを紹介します。

 

ヒマシ油を使用したフェイスパック

・いつも通りの洗顔をして軽く水気をタオルで拭き取ります。

・ひまし油を顔全体に塗布し、熱すぎない程度に温めた蒸しタオルを用意します。

・蒸しタオルを顔に乗せて10-15分程放置した後、洗い流します。

 

温めることにより肌への浸透が良くなり、更に潤いアップが期待出来ます。

 

パックは面倒という人は、ヒマシ油を数滴使用して気になる部分を軽くマッサージするだけでもマッサージでの血行改善とヒマシ油による血行改善のダブルのパワーが得られて小じわ改善が手軽に出来る為お勧めです。

 

ヒマシ油の注意点

 ヒマシ油は小じわに効く?

万能という一言のヒマシ油ですが、実は幾つか注意点があります。

 

パッチテストを行ってから使用する

比較的安全と言われているヒマシ油ですが、人によってはアレルギー反応を起こしてしまう人も見られます。

 

よって使用する前には少量のヒマシ油を肌に塗って様子を見る等、アレルギー反応が出ないかのパッチテストをされてから使用する様にしましょう。

 

食用として販売されているものは無い

海外ではヒマシ油をジュースに入れて飲む美容法や、食品添加物として使用されているところおある様ですが、日本で販売されているヒマシ油は食用として売られていません。

 

よって海外の美容法の様に口にするのは全くお勧め出来ませんし、昔から下剤として使用されて来たということから想像出来る様に、下痢や腹痛、嘔吐等を引き起こす可能性がある為、食用としては使用しない様にしましょう。

 

質の良いヒマシ油を選ぶ

ヒマシ油として販売されているものにも種類があり、ドラッグストアなどで手軽に手に入るものの、中には工業用のものもあります。製造工程で薬剤を入れるものもある為、そういったものが酸化やオイルの劣化に繋がる可能性もあります。

 

やはり、美容目的として使用するのであれば、質が良いものを使用しなければしっかりとしたヒマシ油のメリットを得ることは出来ませんし、逆に肌荒れを引き起こしてしまう可能性もあります。

 

美容目的にヒマシ油を選ぶのでしたら、以下のことに注目して購入する様にしましょう。

 

・オーガニック

・加香されていないもの

・コールドプレス方法で作られたもので未精製のもの

 

使用期限や保管法をきちんと守る

万能のヒマシ油ですが、酸化が早いことでも知られています。なので、封を開けたらなるべく早くに使い切り、使用期限も短いので予めしっかりと確認してから使いましょう。

 

また、直接日光が当たる場所に置いたり、高温多湿では品質の劣化が心配されますので避け、冷暗所で保管する様にしましょう。高い美容効果を持つヒマシ油!1本持っておけば小じわ改善だけでなく、全身の美容が叶う優秀なオイルです。

 

厄介な小じわもヒマシ油が効果的に働いてくれること間違い無しです。是非一度手に取って試して見て下さいね。

 

以下は関連記事となります。