医薬品として効能があるミキエホワイトプラスにジェネリックがあるのか?また、類似品があるのかどうか、疑問が生じるかも知れません。

 

キミエホワイトプラスは継続して効果があるので、少しでも同じ効果で価格を安く抑えたいと思うのは当たり前のことかもしれません。また、類似品があるのなら、効果?価格?などが気になるのも当たり前のことです。

 

そこで、ジェネリックと類似品について比較していきます。

 

kuwashikuwa-1-300x60 キミエホワイトプラスにジェネリックや類似品がある?

 

キミエホワイトプラスにジェネリックはある? 

素直に言うとキミエホワイトプラスにジェネリックは存在しません。何故ならジェネリックを購入する場合に、既存の薬局や大手通販サイトで購入しなくてはいけません。

 

しかし、キミエホワイトプラスを購入できるのは、富山常備薬グループのみの販売となっていて、購入方法もインターネットでの申し込みとなります。

 

となると、富山常備薬グループにはキミエホワイトプラスのジェネリックは製造をしてもいなくて販売もしていません。なので、富山常備薬グループで購入したキミエホワイトプラスは、安心して飲むことができます。

 

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品は国が医療財政費を軽減するために、推進している薬となっています。病院に行って薬を調剤する薬局で聞かれることがあると思います。

 

薬を新しく開発すると特許許可がでてから販売となりますが、その特許期間が過ぎるまでは、独占販売となっています。(研究費が莫大なためです)

 

独占販売期間をすぎると、製薬成分が開示され、他のメーカーが同じ成分と容量を使用して、効果がある薬を販売できるのがジェネリック医薬品です。

 

価格が安く抑えられる訳としては、新薬を開発するのに膨大な開発費や年数が掛かって開発されます。しかし、特許期間を過ぎると製造工程がオープンとなって、類似品の開発費が抑えられ価格が安く設定できるようになります。

 

ジェネリック医薬品は誰でも作れるものではない!

製造工程がオープンとなりますが、誰でもが作れるとは限らなくて、有効成分の効き目の厳しい試験をクリアして厚生労働省が認可をしなくてはいけません。

 

ジェネリック医薬品は改良されて生産される場合もあり、薬の大小や色や匂い、などの違いもあります。また、添加物の違いもあるようになっています。

 

医薬品には副作用のリスクも伴いますが、ジェネリック医薬品も同等のリスクがあるようになっています。国の認可した薬なのでジェネリック医薬品は危険性があるわけではないですが、どちらを選ぶかは本人の自由となっています。

 

キミエホワイトプラスの類似品とは

キミエホワイトの類似品はあります。しみ・そばかすに効果のある薬は幾つか販売されています。楽天ショッピングでキミエホワイトプラスと検索すると、シスチンホワイティというのがHitして、国産サプリメーカーが製造・販売しています。(これは美容サプリメントになります)

 

エスエス製薬が販売しているハイチオールCシリーズ(医薬品)がキミエホワイトプラスの類似品となっていて人気度も高いようです。会社の知名度が高くTVCMが流れている製薬会社です。

 

アインファーマシーズから販売されている、小じわにも効果のある医薬品として、ロスミンローヤルがあります。小じわに対抗できる医薬品として国内唯一となっているようです。

 

他にも、似たような成分・効果のある医薬品・サプリメントは多く存在しています。なので、成分表などを理解したうえで購入することをオススメします。

 

例えばキミエホワイトプラスとロスミンローヤルの有効成分の違いとは

初めて購入する金額は、割引価格(変更有り)が適用されて、どちらとも同じの1,900円(税別)です。キミエホワイトプラスの効能はシミやソバカス以外にあげられるのが、二日酔い(男性の購入も多い)・大人ニキビ・疲れの緩和などあります。(肌の黒ずみにも対応)

 

ロスミンローヤルの効能としては、しみやそばかす以外に肌荒れ・小じわ・ニキビ・冷え性(手足)・神経痛・のぼせ・めまい・耳鳴りです。また、栄養補給として妊娠授乳中・病中後・肉体疲労・食欲不振にも効能があります。

 

このように、製薬会社によって有効成分は同じでも、その他の効果や価格に違いがでていて、どれが良いのか悪いのかは判断できません。成分量の配合も違い、価格も色々な設定があります。

 

価格もサプリメントになると海外製品で1カ月分が2000円前後で買える商品もあり、有効成分を含んでいます。しかし、海外の購入の場合の注意点は有効成分の含んでいる量に注意です。

 

どの薬やサプリメントでも一緒ですが、有効成分を取りすぎると危険な状態や副作用を伴う可能性もあるので、注意してください。なので、効能などをよく把握して自分に合う成分が配合されているのかを、確認して選ぶことが大切です。

 

kuwashikuwa-1-300x60 キミエホワイトプラスにジェネリックや類似品がある?

 

以下は関連記事となります。