数多くの洗顔料が引き締め合う中で、どの洗顔料を選択すれば、くすみの原因を取り除けるのか悩んでいる方も多いと思われます。

 

配合成分や使用すると効果はどのように表れてくるのかが気になりますね。しかし、化粧品を選ぶときと一緒で、いかに自分の肌に合うかどうかが大切になってきます。

 

ここでは、くすみ対策にオススメしたい美白を求める洗顔料や改善効果は、どのように表れてくるのか紹介したいと考えています。また、くすみ対策として人気の高い、酵素洗顔やピーリング洗顔についての説明もしていきますね。

 

くすみ対策に酵素洗顔とは

酵素の力は強く、古い角質や余分な角栓や汚れを分解して、洗い流せることができると言われています。理由として、角質や角栓はケラチンと呼ばれるタンパク質が主体なり、それを、分解する成分が酵素に含まれているからです。

 

しかし、全てのくすみに有効わけではなく、くすんでいる原因を知ることで適切に使用できるかの判断になります。肌のターンオーバーが遅く感じ、肌がゴワゴワして化粧が馴染みにくいことが多くなりだした悩みや鼻の黒ずみ(イチゴ鼻)にも有効と言われています。

 

色素沈着によるメラニンが詰まり、不要な角質や皮脂が原因で肌のくすみを感じた場合には酵素洗顔が有効になってきます。また、肌の汚れがなくなってくると、新陳代謝を促進させ肌荒れ改善や肌の色んな悩みも解消できる可能性があります。

 

酵素洗顔後は保湿ケアが重要

あとは、酵素洗顔後は乾燥しやすくなることがあるので、化粧水や保湿クリームなどで、充分な保湿ケアをすることが大事です。

 

くすみに効果の期待が高い反面、使用法を間違えたり、回数の頻度によっても逆効果になる可能性があるので注意することが大事です。

 

洗浄力の強い酵素洗顔を毎日使用することは避け、週に2~3回と考えた方が肌への負担も軽減されます。肌の状態が悪いときに毎日使用してしまうと、肌に必要な角質や皮脂までも取り除いてしまうことがあります。

 

くすみ対策にピーリング洗顔とは 

まず初めにピーリングとは、洗顔をしたときに剥ぎ取るというイメージで、古い角質を剥ぎ取るという感じになります。

 

古い角質を取り除くと同時に角栓の詰まりも取れ、毛穴の汚れがなくなり肌を綺麗にしていきます。ピーリング対策で期待できるケアとしては紫外線からのダメージによるメラニン、古い角質や乾燥によるくすみです。

 

他には、ニキビの予防や改善にも期待でき、毛穴の開きや黒ずみ対策にも使用される万能な洗顔料です。成分は主に酸が含まれており、フルーツ酸(AHA)は刺激が少なく、効果も期待できる成分です。

 

乾燥対策として、保湿成分が含まれているのを選ぶことで、肌へのダメージのリスクが軽減されます。酵素洗顔やピーリング洗顔は美白成分も含まれていることが多く、美白効果も期待できる商品が揃っています。

 

しかし、ピーリングは肌を痛めるリスクも少なからず無いとは言えません。なので、正しい知識を身につけることで防ぐことができます。

 

どろあわわ

doroawawa-530x439 くすみの洗顔料でおすすめ!改善できる?

どろあわわは限定商品を入れて、シリーズ累計830万以上(2017年3月末)売り上げている信頼度が高いくすみや黒ずみ・ニキビケア対策の洗顔料です。

 

期待が高い成分は天然の粘土主、マリンシルト(海シルト)ベントナイト(モンモリロナイト)を使用していることです。この2つの吸着力の高い特徴を利用して、くすみや黒ずみの原因となる汚れを取り除いていきます。

 

美容成分と知られているマリンシルトは沖縄の特定地域のみにある海底から採れる粒が細かい泥で、粒子の60%は5ミクロン以下です。

 

この粒子が皮膚の表面から肌の隅々まで行き渡り、必要のない皮脂や角質などに付着して除去する働きがあります。(濃密・弾力泥泡洗顔)

 

ペンナイトもマリンシルトと同じ働きをする作用で知られていて、天然粘土の力で皮脂や角質を除去していき、毛穴の黒ずみを解消していきます。

 

他には、保湿に特化した成分で、肌の潤いを損なわせないように注意し、外部からの刺激に対してもバリア機能を強化させる働きがあります。

 

保湿成分は豆乳発酵エキス・コラーゲン加水分解・ヒアルロン酸Na・サトウキビの黒砂糖エキスで、肌環境を最適に作り上げるサポートをしています。

 

二十年ほいっぷ

doroawawa-530x439 くすみの洗顔料でおすすめ!改善できる?

どんな肌質でも対応できるように考えられて作られていますが、ミルク由来成分を配合しているので牛乳アレルギーの方は注意して下さい。(小麦成分配合なし)

 

くすみには、皮膚表面・角質層の2種類がポイントで、その2つを同時に無くしていく方法が釜練り製法と言って、20年に渡り考え出された手法です。(製品の名前にも使用)

 

クリミーで超極小弾力泡は気泡が小さいことで汚れに付着しやすく吸着面が大きくなり、肌の内部まで入り込んで汚れを取り除くことに成功しています。

 

主成分は北海道のチーズを作る工程で誕生した、天然自然潤い成分ホエイと植物由来成分で皮脂表面の汚れに強く、肌に潤いを与えるW効果に期待が高いです。

 

ホエイがもたらす効果として、泡がたちやすく弾力性をもたらし、肌の角質層まで水分を運び込んで守る働きをします。

 

肌が潤ってくると分厚くなった角質層は薄くなり、くすみを減らすことに期待が高い美容液成分です。他にも美容成分が多く入り込み、抗酸化作用や新陳代謝を促進、吹き出物にも有効などあります。

 

注意したいのは、牛乳・植物アレルギーがある方は、係りつけの医師に相談することが大事です。

 

然よかせっけん

doroawawa-530x439 くすみの洗顔料でおすすめ!改善できる?

アンチエイジングに効果が期待される、九州南部のシラス台地から生まれた天然ミネラルが豊富なシリカを主成分に生産されています。そのシリカを極小ミクロに仕上げ、バルーン加工をして肌を傷つけないように極小シリカパウダーを作り上げています。

 

シリカは吸着の強い力と透水性が高いと評判があり、この特徴を最大限に活かせるように色んな製品に取り入れられています。

 

シリカの別名はケイ素で、体の内部では組織を束ねる力がありヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンを結びつけて健康な肌を維持する働きをします。

 

アンチエイジングに利用する場合は、シリカは年齢を重ねる度に少なくなり、体内では生産されません。なので、外部から取り入れる選択しか方法がありません。

 

毛穴の黒ずみ対策に効果のあるシリカパウダーで、詰まった汚れを洗い流して、ターンオーバーを正常に戻す効果が期待されます。それにより、汚れが除去されると肌のターンオーバーで古い角質が溜まらなくなり、肌に透明感を与える働きにも期待大です。

 

保湿効果の高い成分が豊富に配合

他にも、ニキビの有効成分として有名なグリチルリチン酸ジカリウムが肌の炎症を抑制させる効果に期待でき、肌荒れやニキビで悩んでいる方にも使用可能です。肌表面や肌の内部を正常に機能させる働きや、外部からのダメージを防ぐ効果にも期待が強い医薬部外品の洗浄石鹸です。

 

もちろん保湿効果の高い成分も多く配合していて、ローヤルゼリーエキスで細胞の新陳代謝を促進させ、皮膚を守りながら肌の乾燥を防ぎます。

 

魚のコラーゲンを低温で抽出させ水に溶けやすい液状で配合して、より粘りの強い液体に変化して水分を逃がさない働きをするのが、水溶性コラーゲンの総評です。

 

スキンケアで使用されているアロエエキスには保湿性も優れ、外部からの刺激にも対応できる要素があり、炎症を改善する(ニキビ予防)効果にも期待大です。

 

黒砂糖成分のオリゴにはメラニン生成の抑制や色素沈着の予防効果に期待が高いです。チヤエキス・ウーロン茶エキスも配合し、抗酸化作用や新陳代謝を促進させる効果が期待されています。黒砂糖・チヤエキス・ウーロン茶エキスは天然由来の美容成分として知られています。

 

「アルファピニ28 コーラルクリアパウダーウォッシュ」(シェルゥーム) 

doroawawa-530x439 くすみの洗顔料でおすすめ!改善できる?

ボタニカル(植物)酵素洗顔で古い角質や余分な皮脂・毛穴汚れを洗い流す力が強く、くすみのない肌を目指すことができます。

 

主成分はパパイン酵素と微粒子(マイナスイオン)天然サンゴを配合していて、奄美大島の自然を利用して無農薬植物を自社で生産しているオーガニック系の商品です。

 

パパイン酵素の力としては、古いメラニン色素を分解して余分な角質を落とすことに成功しています。サンゴは微粒子にしてマイナスイオンを発生させ、肌にかかるリスクを軽減させながら毛穴の黒ずみや余分な皮脂を取り除いていきます。

 

サンゴにある目には見えない無数の穴は、シミやクスミの汚れを付着させる働きが強い成分です。他にも、角栓やニキビ対策できる成分が配合されているので、幅広い年代に人気が高いようです。

 

保湿としては、クマタケラン・シルクなどでエイジングケアをしながら洗える、肌に優しい酵素洗顔です。敏感肌でも使用できるように、無添加にこだわって着色料・アルコール・防腐剤・石油系界面活性剤など、肌に負担がかかる添加物を配合していません。

 

「b.glen(ビーグレン)クレイウォッシュ」(ビバリーグレンラボラトリーズ)【医薬部外品】

doroawawa-530x439 くすみの洗顔料でおすすめ!改善できる?

洗い過ぎない洗顔料と知られていて、天然クレイを主成分に使用して大切な肌を保護しながら汚れを吸着させていきます。(クレイの中の鉱物)

 

天然クレイには幅広く種類がありますが、目的は肌本来の水分と油分の量を壊さずに汚れだけを吸着させる働きがあります。

 

合成界面活性剤と防腐剤は使用されていますが、肌にかかる負担をできるだけ少なくして、敏感肌でも使用できるようにしています。ビーグレンのクレイウォッシュのクレイは先端テクノロジー(キューソーム)を活用して、肌に浸透する深度にこだわりました。

 

クレイの成分(モンモリロナイト)は超微粒子でマイナスイオン効果も持ち、吸着力・保水力・乳化力も強いことで知られています。グリチルリチン酸ジカリウムも入っているので、肌荒れやニキビに悩んでいる人にもピッタリな商品になっています。

 

他にも、カモミラエキスで肌のターンオーバーを調整する働きや、スクワランやヒアルロン酸で保湿しながら、なめらかになるように保護膜を作りだす成分も含まれています。クレイウォッシュは泡立たない洗顔料なので、泡立ちを求める方には不向きの洗顔料です。

 

以下は関連記事となります。