今美容目的でプラセンタ注射を試みる人が増えていて、雑誌などでもよくこの言葉を見かけるようになりました。

 

巷では、プラセンタ注射によって、白髪が減ったというような声も聞こえてきます。

 

今回はプラセンタ注射について詳しくご紹介するとともに、白髪に対する効果など、うわさの検証をしていきたいと思います。

 

プラセンタとは

日本では厚生労働省に認可されたプラセンタ注射のみが使用可能となっています。(現時点では、メルスモン、ラエンネックの2種類のみ)

 

この製剤の材料は、人間が正常に分娩を行った際に出た胎盤から抽出したエキスを使用していて、エイズやC型肝炎などの病気にかかっていない妊婦から摘出されたものと確認された後、滅菌などの処置も施され、安全は保証されているものです。

 

プラセンタには、成長因子、良質なたんぱく質をはじめ、アミノ酸やビタミン、脂質、コラーゲン、ヒアルロン酸、酵素、ミネラル、核酸などが含まれています。

 

プラセンタ注射の効果

プラセンタ注射によって、普段の食生活だけでは得られないこれらの栄養などを補うことによって、細胞の新陳代謝を高め、しみやシワ、たるみなどの改善に効果が現われます。

 

また、自律神経失調症や更年期障害、生理不順、冷え性などにも効果があります。自律神経のバランスを正常に保つことによって、アトピーの症状が改善したり、便秘、めまいなど、病院へいくほどではないけれど、症状に困っていた、これらの症状の改善にも効果があります。

 

実際の効果の現われ方は、人によって違いますが、プラセンタ注射を打つ頻度などによっても変わってきます。最初の1-2ヶ月の頃は、週に1-2回打ってもらうようにし、その後2週間に一回の程度に調子などを見て、シフトしていくと良いです。

 

一回のプラセンタ注射による効果は、大体2-3日程度といわれています。肝硬変などの症状がある方は、一日に1,2回打つことをお医者さんが進めたりもするようですが、美容目的では、それほどの頻度は必要ありません。

 

プラセンタ注射の費用

一回のプラセンタ注射にかかる費用は、病院によっても異なり、大体1回分2mlが千円から二千円の間が相場です。思ったより安いのは、出産後胎盤は製薬会社などへほぼ無償で引き取られているので、検査や滅菌処理などの処置は必要ですが、原価がとても安いということが理由に挙げられるのではないでしょうか。

 

10回分などまとめて購入することによって、一回分が500円ほどになるクリニックもあるようです。こんなに効果が高く、安全性も認められているのに、値段も安いとなれば、もうプラセンタ注射をするしかないですよね!

 

ただ、プラセンタ注射は、副作用などはあまり気にする必要がありませんが、まれに寒気や発熱、発疹などが見られる場合もありますので、注意して自分の体の変化に気にしてみてください。

 

通常のプラセンタ注射は、皮下注射で腕に、あるいは、筋肉注射でお尻などに打ちます。しかし、筋肉注射のほうが吸収率は高く、より早く効果を得ることができます。

 

ですが、注射方法によって値段が変わってくる病院もありますので、事前に確認する必要があります。

 

プラセンタ注射は病院で保険適用になる?

プラセンタ注射は、美容目的では、保険適用にはなりません。慢性肝疾患や肝硬変、更年期障害など、国が認めた疾患がある方の治療にのみ、保険適用できます。

 

残念な事実ですが、別に人はプラセンタ注射をしなくても生きていけますから、当然といえば、当然の事実になるのでしょう。

 

プラセンタ注射は白髪が減る?

プラセンタ注射によって、白髪が減ったり、増毛、発毛などが見られるというまことしやかなうわさがあります。このうわさは本当のようです。髪の毛は、女性ホルモンの減少などにより、しだいに細く、薄くなったり、白髪ができたりします。

 

また、紫外線やストレス、または加齢などにより、毛根部分のDNAが損傷され、メラニン色素が生成されず、白髪ができてしまったりします。

 

さらに血行不良によって、必要な栄養が毛根まで行き渡らず、白髪ができてしまったりもします。しかし、プラセンタ注射には、髪の毛に必要なアミノ酸を多く含んでいますし、女性ホルモンを安定化させる働きがあり、正常な髪の成長を促してくれます。

 

また、活発に新しく細胞が生まれ変わろうとするのをサポートしますから、細胞が活性化し血液の流れを良くし、新しい毛が生えてくるのを促してくれるのです。さらに、プラセンタには、痛んだ遺伝子を修復する効能もあります。

 

プラセンタ注射以外にプラセンタサプリなどの内服も効果的で、内服だとプラセンタエキス純末100mgのものを選ぶようにしてください。プラセンタを体に取り入れるようになっても、即効性はなく、最低でも3ヶ月は続けて様子をみるようにしてください。

 

プラセンタ注射は芸能人も愛用している?

プラセンタ注射がこれほどまでに一般の方に広まったきっかけは、やはり芸能人が愛用していたからでもあります。プラセンタ愛用者として有名な芸能人に、中川翔子さんやキムタク、藤原紀子さん、神田うのさん、菅野美穂さん、マドンナ、GACKTさんあたりが有名です。

 

山口智子さん、杉本彩さん、紗栄子さん、優木まおみさん、東原亜紀さんなどは、プラセンタを注射ではなく、サプリや濃縮美容液などから摂り入れているようです。

 

芸能人は、仕事の時間も不規則でハードな生活を送っているので、疲れやすいので、しっかりとプラセンタ注射をすることで、体の機能を正常に保つことができているのでしょう。

 

クリニックによっては、プラセンタ注射とにんにく注射を混ぜたもので処置を行っているところもあるようですが、呼吸困難などになる可能性も高く、あまりおすすめできません。注意すべき点は、注射を一度でも受けたことがある人は以後献血ができなくなるということです。

 

芸能人は、社会貢献を望む方も多いですから、そういう面では、プラセンタ注射をすることによって、社会貢献ができなくなってしまう残念な面もありますね。

 

以下は関連記事となります。