シミやくすみは年齢がいくにつれて増えてきてしまう、いまいましいお肌の敵です。シミやくすみができたからといってケアを何もせずに放っておくと、表情も暗くなりますし、年齢以上に老けて見られてしまいます。

 

シミやくすみのない、肌の細胞の一つ一つが整った状態は肌に当たった光を正常に跳ね返し、トーンが明るく、透明感のあるつややかな肌に見えます。いつまでも若々しく元気でいるためには、シミやくすみ対策は必須といえますね。

 

シミやくすみはできてから化粧品などでお手入れすることも可能ですが、とても時間がかかり根気が要ります。ですから、普段から食べ物などに気を使って、シミやくすみができないように予防することも大事です。

 

今回は、シミやくすみに効くおすすめの成分とそれを含む食べ物を紹介いたします。

 

シミとくすみの違いは?

kusumi3-530x354 シミやくすみの改善に食べ物でおすすめ!

シミとくくみの違いはどちらも、年齢とともに衰えてくる肌の新陳代謝力の衰えが大きく影響しています。そもそもくすみもシミもメラニンが原因でできたもので、でき方などもとても似ています。

 

ただ、くすみはシミに比べ、肌の表面に近いところにできたものですが、シミはもう少し肌の深い部分にできるものです。シミとくすみを比べてみると、くすみは食べ物や化粧品などの物理的効果によって、即効で改善できる可能性があります。

 

しかし、シミは肌の深い部分に発生していますから、なかなか改善するのは難しいです。しかしながら、シミにもくすみにもおすすめの成分というものは似ている、あるいは共通しているということになります。

 

メラニンの生成を抑え、肌にできた古い角質をはがれやすくし、新陳代謝を促し、新しい細胞に交換されるその時に正常にきれいにすべての細胞が交換されるようにサポートしてくれる食べ物を摂取すると良いことになります。

 

また血管の老化はシミを増やしたりくすみが発生したりもするので、血液の循環を良くする食べ物なども摂取すると効果があります。

 

くすみ改善におすすめの成分と食べ物

kusumi3-530x354 シミやくすみの改善に食べ物でおすすめ!

・ビタミンE

肌の細胞が新しく生まれ変わるのを促進してくれます。またくすみは血行不良などによってもおこりますが、ビタミンEを摂取すると。血のめぐりも良くなりますので、血色も良くなりくすみを防ぎます。

ビタミンEは、ナッツ類やアボカド、ホウレンソウなどに豊富に含まれますが、体に不足すると良くないのはもちろんのこと、摂り過ぎもまたあまり良しとしませんので、注意する必要があります。

 

・たんぱく質

必須アミノ酸が豊富に含まれていて、お肌の細胞を整えてくれる効果があります。動物性蛋白質には、同時に脂肪もたくさん摂取してしまうことになりますので、できるだけ植物性のタンパク質から摂取するように心がけてください。

植物性のタンパク質は、納豆や豆腐など、大豆全般の製品に多く含まれています。

 

・鉄分

鉄分が体の中で不足しがちになると、黒ずみやくすみの原因になってしまいます。生理中に女性は特に不足する傾向にありますので、意識的に摂取する必要があります。

また夏場は男女問わず、汗と一緒に体外へ排出されてしまいがちですから、気をつけてください。鉄分は、まぐろや赤味の肉、ごま、アサリやかき、ひじきなどに多く含まれています。

 

・ジンゲロール

この成分はしょうがの中に多く含まれている成分で、血液の循環を良くして、体をぽかぽかにし、冷えを解消してくれます。
女性は特に、体温を上げることを常に念頭に置いておいた方が良さそうです。

体温が下がることは、万病を招くことになります。生姜をみじん切りにして、煮物や飲み物など、ちょっとしたところにも取り入れて、積極的に摂取するようにすると、くすみは改善していきます。

 

・コラーゲン

コラーゲンは肌の潤いを保って、肌をプルプルにしてくれると同時に、新陳代謝を促して、肌の古い角質が正常にはがれおちるように働きかけてくれます。

古い角質が残ったままの分厚い状態は、肌がくすんで見えるので、常に角質はたまらないようにしたいものです。コラーゲンを多く含む代表的な食べ物に、言わずと知れた、鶏の手羽先や豚足、フカヒレやレバーなどが挙げられます。

 

・ビタミンB2

同じように、新陳代謝を促して、古い角質が残って分厚くならないよう肌に働きかけてくれる成分です。他にも、肌に沈着した色素を排出してくれる働きも期待できます。

ビタミンB2が多く含まれる食べ物は、レバーやささみ、サンマなどの魚類、バナナなどから摂取することができます。

 

・ヒアルロン酸

肌の保水力を高め、くすみを改善できる成分です。ヒアルロン酸は、食べ物から体内に取り入れても、分子が大きく、体になかなか吸収されにくいのがちょっと難ではあります。

また、体内に取り入れられた後、アミノ酸に分解されて体内に吸収されるので、ヒアルロン酸自体が肌に効いているわけではないです。ヒアルロン酸は粘り気がある成分で、オクラや納豆、また豚足や魚の目玉、うなぎなどに豊富です。

 

シミ改善におすすめの成分と食べ物

kusumi3-530x354 シミやくすみの改善に食べ物でおすすめ!

・ビタミンC

シミやそばかす、くすみに効果があることはすでに有名で、ほとんどの人はすでに知っているのではないでしょうか。メラニンの生成を抑えて、紫外線などでダメージを受けた肌を元通りに治そうと働きかけます。

 

また、コラーゲンの生成を促してハリのある肌を保ってくれます。ビタミンCを多く含む食べ物はアセロラやキウイフルーツ、ゆずや柿などに多く含まれます。

 

ただ、ビタミンCは熱を加えると容易に壊れてしまうので、野菜を茹でるなどすると、ビタミンCは亡くなってしまうかもしれません。できるだけ、生で摂取するようにしてください。

 

また、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどのかんきつ類を朝に食べると、紫外線を浴びて逆にメラニンを増やしてしまいかねませんので、できるだけ夜に摂取するように気をつけてください。

 

・セラミド

セラミドの成分もまた、メラニンの生成をブロックして抑えることができます。こんにゃく芋や大豆、ブロッコリーなどに多く含まれていて、こんにゃくなどでは、たった100g摂取するだけで、一日に必要な量を摂ることができますので、少し意識して食べることで、肌に良いことができそうですね。

 

・リコピン

トマトなどに多く含まれていることで広く知れ渡っている成分で、抗酸化作用があります。
紫外線などで浴びた肌のダメージの軽減に有効に働きかけます。また、しわ予防の効果もありますから積極的に摂取していきたいですね。

 

トマト以外にも、スイカやニンジンなどにも多く含まれています。トマトでは、Lサイズ2個ほどで、一日に必要な量を摂取することができます。

 

・L-システイン

メラニンの生成を抑制するだけではなく、できてしまったものを排出する役割もあります。注意して頂きたいのは、食べ物の中にこの成分は含まれておらず、必須脂肪酸である「メチオニン」を体の中に摂り入れることで、体の中ではじめて生成され、できるのです。

 

メチオニンを多く含む食べ物は、まぐろ、肉類、牛乳、チーズ、納豆などが挙げられます。この成分は過剰に摂取しても問題で、体重40キロの方で大体600gほどの摂取に留めるようにしてください。

 

・βカロチン

強い抗酸化作用があり、メラニンが沈着するのを防いでくれます。また肌のトラブルも抑制してくれる、美容には欠かせない成分です。βカロチンは人参やしそ、かぼちゃなどに多く含まれています。

 

・ポリフェノール

こちらもまた強い抗酸化作用があり、肌のダメージを防ぎ、老化するのを防いでくれます。また、血中の脂質ができるのを防ぎ、凝固なども防いでくれます。

 

ですから、血のめぐりを良くし、血液をさらさらの状態にしてくれるのです。ただ、注意したいのは、ポリフェノールの効果は時間が短くて摂取後2〜3時間で消えてしまうのです。

 

ですから、こまめに分けて摂取すると良いですね。ポリフェノールが多く含まれる食品にはリンゴやブルーベリー、ブドウなどが挙げられます。

 

また赤ワインやコーヒー、緑茶などにも豊富に含まれていますので、摂取しやすいですよね。ポリフェノールは、ビタミンCと一緒に摂取すると効果倍増になります。ポリフェノールは色素として認識されていますが、成分としてもあり、ザクロやイチゴ、アサイーなどに豊富に含まれています。

 

・アスタキサンチン

活性酸素の増加が抑制されて、肌の老化を予防してくれます。紫外線やストレスなどからダメージを受けた肌を修復してくれる役目や、メラニンの生成を抑える役割りもあります。

 

以下は関連記事となります。