小じわ改善としてはスキンケアや美容医療といった方法がありますが、どちらもコストも時間も掛かりますし、美容医療を行ったとしてもすぐにしわを改善出来るかと言ったら必ずしもそうではありません。

 

今すぐにでも、小じわを改善したい!という人に注目されているアイテムとしてしわ取りテープがあります。これは、小じわをテープの力で引っ張ってしわを伸ばした状態でキープするというもの。

 

なので上手に使えばその場しのぎではありますが、しわを薄くしたり、しわの無い顔を作ることも出来ます。それならば毎日しわ取りテープを貼れば良いのでは?なんて安易に考えてしまう人も見られますが、実はそれは小じわを悪化させたり、増やしてしまう可能性も!

 

本当は使わない方が良い!?しわ取りテープのほんとのところをお教えします!

 

テープで小じわは消える?

1 小じわにテープが有効的?

現在販売されているしわ取りテープでは、耳の後ろ等で皮膚を固定して顔のしわを伸ばすタイプのものと、自宅ケアとして気になるしわの部分にしわを伸ばす様に貼ってしわの軽減を図るタイプの2種類があります。

 

前者は芸能人がよく行っている方法で、顔の小じわ隠しには最適!小じわが綺麗に伸ばされることで年齢よりも若々しい印象になれます。

 

ですが、皮膚を無理に引っ張っていることでやはり表情でどこか不自然な印象を与えてしまうこともあり、そうならない様にテープを上手に貼るにはかなりのテクニックが必要です。

 

後者は、しわを引っ張っている状態をキープすることで、その形を肌に覚えさせてしわを軽減しようとするもので、眠っている時に貼ることを薦められる商品もあります。

 

こちらも、しわを引っ張って長時間伸ばしている為、テープを剥がしてすぐではしわは軽減されています。ですが、靴下等の跡が付いても徐々に皮膚が元通りに戻る様に、しわも時間が経つにつれてどんどん元の形に戻ってしまいます。

 

よって、しわ取りテープはその場しのぎでしかなく、小じわの根本的な解決には全くなりません。

 

しわ取りのテープで効果のある人やない人

1 小じわにテープが有効的?

しわ取りテープはしわをすぐに改善したい人にとってはとても魅力的なアイテムですが、実はしわ取りテープを使用してもしわが全く消えないという人も見られます。それぞれの小じわの種類によって合う、合わないがある商品です。

 

耳の後ろやフェイスラインにテープを張り、顔の皮膚を引っ張って小じわをカバーするタイプのしわ取りテープでは、真皮まで達している深く濃いシワでは完全にしわを消すのは難しいですし、濃いしわをテープでカバーしようとすれば皮膚もかなり引きあげなければならない為、その分顔が引きつって不自然になります。そもそも上手に貼ってそれを目立たせなくするのも難しいです。

 

勿論、効果はテープを使用している時のみなので、テープを外せば元通り、小じわ改善の効果は得られません。

 

小じわの部分にダイレクトに貼るタイプのしわ取りテープも、しわの部分にテープを貼っておくことにより、表情じわの場合には眠るときや普段の癖で小じわが悪化してしまうのを防げるものの、その効果は一時的なものですし、乾燥が原因のものではより肌環境を悪化させてしまう可能性も。

 

よって使いこなすのが難しく。小じわの種類によっては全くカバーが出来ないものもあります。

 

しわ取りテープはしわが増える原因?

1 小じわにテープが有効的?

しわ取りテープは、手軽な価格で購入出来、しかもすぐに嫌なしわを改善出来るというとても惹かれる商品ではありますが、使用には十分な注意が必要です。と言うのも、しわ取りテープ自体が肌に対して良くない為です。

 

御存知の通り、顔の皮膚は体の中でも特に薄い部分であり、刺激に弱くなっています。そして、刺激が肌に溜まると、シミ、シワ等の肌トラブルを引き起こします。

 

しわ取りテープは顔にテープを貼ったままの状態を長時間キープする為、テープがしっかりしわを伸ばしていられる様に粘着力の強いテープになっています。

 

肌に長時間粘着剤が付いていることになりますので、肌にとっては大きな刺激になります。また、剥がす時にはそれ以上に肌に大きな負担が掛かります。

 

強い粘着力のテープを顔から剥がすという行為が顔にとてつもなく大きなダメージを与えてしまい、そのダメージにより小じわが悪化してしまうことや、小じわを増やしてしまう可能性も考えられます。

 

シワ取りテープの常用は危険!?

小じわを無くしたかったのに、逆に小じわが増えてしまった!なんてことも十分考えられます。小じわケアでは刺激は絶対にNGです。よってしわ取りテープは、肌にとっては敵でしかありません。

 

テープを貼り刺激を受けた部分では、皮膚のダメージにより乾燥しやすくなり、乾燥が原因の小じわを新たに作ってしまう可能性があります。

 

また、テープの高い粘着性や剥がす時の強い刺激により、敏感肌の人では痒みや赤み等の肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

 

しわ取りテープはすぐに嫌なしわを消せるとても魅力的なアイテムですが、常用するのは皮膚のダメージがあまりにも大きく、シミやシワを作り、見た目年齢をアップさせてしまう原因になりますのであまりお勧め出来ません。

 

便利なアイテムであるものの、肌に対してのダメージは大きく、肌の将来に悪い影響を与えてしまうことをしっかり理解しておきましょう。そしてしわ取りテープはどうしても!という時のみの救済アイテムとして上手く使う様にしましょう。

 

地道なケアが最も大切!

1 小じわにテープが有効的?

やはり、小じわを改善する為には毎日のスキンケアが大切です。即効性は得られないものの、自分の小じわの種類に応じた化粧品で丁寧にケアを行えば着実に一歩一歩小じわ改善へと導いてくれます。

 

美容医療を行ったとしても、やはりその肌をキープする為には毎日のきちんとしたケアが必須です。よって本当の意味で小じわを改善したいのであれば、スキンケアの積み重ねが重要!

 

小じわケアでは、乾燥が原因の小じわでは保湿中心のケアを、年齢による深いしわが気になる場合には、ハリを増やしてくれるコラーゲン等の有効成分が含まれた商品でケアをすることが大切です。

 

 

以下は関連記事となります。