起床時に枕を嗅いだ時に、枕から脂っぽく青臭いニオイがした経験はありませんでしたか?もしそのようなニオイがしたならば、それはあなたの頭皮や髪が臭くなっている証拠です。

 

気にはなっているものの、対処法が分からない、そんな方もご安心ください。実は、日々の暮らしの中でのちょっとした工夫をする事により、頭皮のニオイはかなり抑えることができます。

 

現在まさにニオイに悩まされている方はもちろん、そうでない方も、今後役立つ頭皮のニオイ対策を是非一緒に学んでゆきましょう。

 

頭皮の臭いを消す方法でメンズ

menzheake3-530x354 頭皮の臭いを消す方法でメンズ!外出中やデート前に応急で!

頭皮の臭いを抑えたいなら、アミノ酸シャンプーをおすすめします。アミノ酸シャンプーを使えば皮脂の落としすぎを防ぐことができるでしょう。

 

頭皮から分泌された皮脂は時間が経過するとともに酸化する、または微生物が分解することでニオイを発するようになります。つまり頭皮のニオイの原因は皮脂なのです。

 

頭皮の皮脂を落としすぎてはいけない!

汚れやニオイの元と嫌われがちな皮脂ですが、実は人体には必要不可欠なのです。

 

頭皮を含めた皮膚、髪と皮脂の関係についてですが、皮膚は体内の水分が蒸発する事、つまりは脱水症状を防止するだけでなく、微生物や薬物からの防御、外からの刺激の感知など、多くの役割を担っています。

 

しかし、皮脂が失われると皮膚は乾燥してしまい、十分な役目を果たす事ができません。皮膚がそれらの役割を果たせるのは皮脂によってコーティングされているからこそなのです。

 

皮脂は皮膚に潤いを与える、水分の蒸発の防止、弱酸性に保つことで細菌が増殖しにくい環境を作るなど、皮膚がバリアーの役目を果たす手助けをしているのです。髪も皮膚が変化したものであり、皮脂が必要です。

 

髪を洗いすぎてぱさぱさになった事、体を洗いすぎて突っ張ってしまったことはありませんか?それが皮脂を落としすぎた状態です。

 

皮脂を落としすぎると、皮膚は防御の為により多くの皮脂を分泌してしまい、またそれを全て落とそうとすると、さらに皮脂が分泌される、と負のスパイラルに陥ります。これを防ぐには、洗浄力が強すぎる、つまり皮脂を落としすぎるシャンプーを使わないことです。

 

アミノ酸系シャンプーの正しい使用方法

アミノ酸系シャンプーを買ってきたからこれで安心、というわけではなく、洗い方にも注意が必要です。せっかく買ったアミノ酸シャンプーを有効活用できるように、ここからは正しい洗髪の仕方を説明します。

 

・ブラッシング

頭皮と髪に付着している汚れを浮かせ、洗い上がりをよくする為に、髪を濡らす前に丁寧にブラッシングをしましょう。

 

・お湯で髪をすすぐ

重要なことはシャンプーを使う前に、ぬるめのお湯で数分間じっくり髪をゆすぎ、毛穴に詰まった汚れを落としましょう。

 

・シャンプーは良く泡立てる

シャンプーを適量手にとった後はすぐに頭皮につけないで、必ず少量の水で泡立ててから使用すると良いです。シャンプーを泡だてず、原液のまま使ってしまった場合、泡が頭皮全体に行き渡りにくく、洗い残しなどの原因になります。

 

・揉むように洗う

泡立てたシャンプーを頭全体に満遍なく広げます。洗う時は、爪を立てると頭皮が傷つくので、指の腹を使い毛穴の汚れを押し出すような感覚で揉み洗いをしましょう。

 

CMなどでは見栄えのために、頭頂部をシャカシャカと洗っている映像が多いですが、実際は後頭部や耳の後ろ、髪の生え際の方が汚れやすいため、そちらの方を念入りに洗いましょう。

 

・よく流す

洗い落とせずに頭皮に残ったシャンプーは、かぶれ等の頭皮トラブルの原因になるため、3分ほどかけ、シャワーで十分に洗い流します。リンス、コンデイショナーも洗い流しが不十分な場合、頭皮トラブルを引き起こします。

 

・乾かす

タオルドライをし、臭い対策成分の入ったヘアトニックを頭皮によく揉みこみ、ドライヤーで乾燥させます。面倒くさいからといってドライヤーを使わず、タオルドライだけですますのはやめましょう。

 

タオルドライだけでは十分に乾燥させられず雑菌が繁殖して不衛生なだけではなく、増えた雑菌が再び皮脂を分解し、ニオイに変えてしまいます。ドライヤーで髪を乾かすまでが入浴です。

 

その際、頭皮が乾燥しすぎないよう、仕上げ時にドライヤースイッチを温風から冷風に切り替えてください。

 

日常生活での様々な工夫

髪の洗い方と同じぐらい重要なのが食生活や生活リズムです。

 

・食事

食事は野菜中心にバランスよく、皮脂の過剰分泌に繋がる食品(砂糖を使ったお菓子など甘いもの、バターや脂身などの動物性脂肪)は控えめを心がけましょう。

 

・飲酒、喫煙

どちらも健康を害すだけではなく、体臭にも大きく影響するためなるべく控えましょう。

 

・睡眠時間

睡眠不足は心身ともに強いストレスを与え、体臭の原因となるため、十分な睡眠時間を確保しましょう。

 

・ストレス

上記の睡眠不足からのものだけに限らず、仕事や人間関係など様々な原因から来るストレスが皮脂の分泌を促します。可能な限り発散しましょう。

 

・適度な運動

汗をあまりかかない生活を続けていると汗腺が弱まり、においやすい汗が出るようになります。健康のためにもニオイケアのためにも適度な運動を心がけましょう。

 

頭皮の匂いを消す方法で外出中は?

menzheake3-530x354 頭皮の臭いを消す方法でメンズ!外出中やデート前に応急で!

頭皮を含め体臭は誰にでもあり、工夫をすれば軽減できますが、改善にはある程度の時間が必要です。しかし、今すぐに少しでもいいから何とか抑えたい、という場面は多々存在します。

 

一番確実かつ早い方法は浴室で髪を洗ってしまう事でしょう。最近は頭皮のにおいを改善するシャンプーやリンスなどがドラッグストアでよく売られており、それらを使えばさらに効果的でしょう。

 

しかしながらこれは自宅にいるときのみ可能な解決策で、外出してしまうと不可能になるため、ここからは外出中にできる頭皮の臭い応急対策についてお話ししてゆきます。

 

・汗はこまめに拭く

まず心がけたいのは、汗をこまめに拭く事です。頭皮のニオイは汗や皮脂の酸化したり、頭皮の常在菌によって分解されることにより発生するため、その原因を取り除く事が最優先です。

 

頭皮や髪がぬれた状態は、それだけでも雑菌が繁殖しやすい環境であり、それを防ぐためにも髪は常に乾いた状態を保ちましょう。また、汗をふき取る際は清潔で乾いたタオルを使いましょう。

 

汚れたタオルを使った場合、髪に臭いがつくだけでなく、タオルで増殖した菌を頭にこすりつけることになり、無意味どころか悪影響です。お出かけの際はハンドタオルを数枚鞄に入れておくと良いでしょう。

 

・ドライシャンプーを使う

汗はこまめに拭いているけど匂いが消えない、そんな場合はドライシャンプーを使うと良いでしょう。

 

ドラッグストアに行けば少なくとも1種類、店舗によっては数種類取り扱っていますので、どれを選べばいいか迷う場合は、店員と相談しながら購入しましょう。

 

ドライシャンプーを使う場合、必ず最後にシャンプー液をタオルでふき取る必要がありますので、シャンプー液でぬれたタオルを入れるビニール袋を用意しておいて下さい。

 

そして終了後には崩れた髪型を直すために携帯用の櫛を持ち歩く事をお勧めします。

 

・頭皮用スプレーを使う

ドライシャンプーは効果が高いですが、普通のシャンプーと同じように、使いすぎると髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

 

製品により手順に多少の違いはありますが、シャンプー液をかけて、頭皮マッサージして、ふき取って櫛を通す、と手間がかかってしまいます。

 

そんな時間が取れない、そもそも面倒くさい、そんな方におすすめしたいのが頭皮用スプレーで、これならシュシュっと吹きかけるだけでにおいを抑えてくれます。

 

外出先だけでなく、忙しい朝のちょっとした臭いエチケットにも大活躍ですので、1本買っておくとよいでしょう。

 

・頭皮用シートを使う

頭皮用スプレーは手軽に使えます。ただしにおいが消えはするものの汚れが取れるわけではありませんのでさっぱり感は味わえないかもしれません。頭皮用シートは、手軽・清潔・さっぱり感の3拍子揃ったアイテムです。

 

たっぷり液がしみこんだシートで髪と頭皮をしっかり拭けるのに加え、男性用の商品の多くにはメントールが配合されており、使用後は頭皮がスーッとし、爽やかな感覚を味わえます。どのアイテムもそれぞれ別の利点があるため迷ってしまうかもしれません。

 

そのような場合は、使いやすく、頭皮も清潔になる頭皮用シートをまず試し、それだけでは対応できなくなった場合に他の二つを試すことをお勧めします。

 

頭皮の匂いを消す方法~デート前の応急編~

menzheake3-530x354 頭皮の臭いを消す方法でメンズ!外出中やデート前に応急で!

プランの確認や服選び、体臭チェック、歯磨き・・・デート前の準備は多いものです。

 

体臭でデートを台無しにしないために、デート当日は少し早起きして入浴しておきたいところですが、その場合は皮脂を落としすぎないように、石鹸やシャンプーを使うことは控えてください。

 

朝にシャンプーを使うと頭皮は皮脂の少ない状態で紫外線にさらされ、ダメージを受け易くなってしまいます。石鹸やシャンプー、洗顔料などは就寝前の1日1回までにしましょう。

 

シャワーでよく髪をすすぎ、湯船にお湯をためゆっくり浸かれば、就寝中に就いた汗と汚れは十分に落ちます。お風呂から上がったら仕上げに制汗剤とヘアトニックで仕上げましょう。

 

ティッシュ、ハンカチ数枚、頭皮用シートなど持ち物を確認し終えたら準備は万端、遅刻しないよう、少し早めに家を出ましょう。頭皮のニオイを抑えるコツは健康的な食事、運動、そして頭皮の皮脂を落としすぎないよう清潔に保つことです。

 

以下は関連記事となります。